環境

再生可能エネルギーの利用

CO2排出量削減のため、製造工場ではLED照明やモーションセンサー付き照明などの省エネ設備を導入しました。一部の生産工場では、再生可能エネルギーを利用した太陽光パネルや、熱エネルギーを再利用するバイオマスボイラーやヒートポンプ設備を導入しました。香港政府は、参加企業が太陽光発電システムを設置して太陽光エネルギーを発電できるFIT (Feed in Tariff)制度を導入しました。当社グループの気候変動政策の一環であるFIT制度を高く評価し、生産工場に太陽光発電システムを設置しました。このシステムで発電された再生可能エネルギーは電力網に供給され、化石エネルギーからの炭素排出量を削減することで、より環境に優しい香港の実現に貢献しています。

廃棄物管理
さまざまな生産工程から発生する主な廃棄物は、固体廃棄物と廃水です。廃棄物を分類し、有害廃棄物を適切に処理するために、従業員のための適切なプラクティスガイドラインを制定しました。

 

香港では、食品廃棄物は大きな環境問題です。環境保護局 (EPD)によると、香港の食品廃棄物のほとんどは一般廃棄物として埋め立て処分されています。食品廃棄物問題に取り組むためには、発生源の削減とリサイクルが不可欠です。ブランド間の原材料在庫共有システムを導入しました。特定の製品が生産されない場合や原材料が不要な場合に、工程間で原材料を移動することで、原材料の無駄を防ぐことができます。

 

また、香港政府が主導する「食品廃棄物/下水汚泥嫌気性共消化試験スキーム」にも参加しています。このスキームは、製造業者が埋立廃棄物を削減し、メタンなどの埋立ガスを削減し、事業から発生する食品廃棄物を堆肥やバイオガスに変換する機会とチャネルを創出します。食品廃棄物問題の緩和に加えて、製造工程での麺廃棄物をリサイクル業者に委託して、飼料に変換しています。
包装と廃棄物

即席麺は一般に、肉などの他の食品に比べて化石エネルギーと農地利用の観点から二酸化炭素排出量が比較的低いですが、当社では二酸化炭素排出量と包装材料のさらなる削減に最善を尽くしています。